一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

装具生活も残すところあと一か月!というこの時期にきて・・

なんと装具の部品が壊れたーーーー!

装具についてるベルトを固定してる部品が取れてしまったのだ。

ベルトなしでも歩けないことはないけど、やはり体に固定してないと歩きにくいようで・・

今日は学校を遅刻にして病院に問い合わせることにしました。

早く修理できればいいのだけどーー

 今月はお父さんも会社を早めに切り上げて帰ってきてくれたので、
3人で病院に行ってきました。

レントゲンの結果も良好。
先月と比べて更に骨に白い部分が増えていて、しっかりしてきた様子が見れました
先生からも「じゃあ次回は7月後半だね。その時に装具を取ろうね。夏休みの間に歩く練習をして、2学期からは普通に登校できるようにしよう」と言ってもらえました。
★゚+。:.゚☆ヤッタァァヽ(*´∀`)ノァァァ★゚.:。+゚☆

先生とのQ&A
娘「プールはやってもいいですか?」
先生「準備体操とかは座ってやれば水の中は大丈夫だからやってもいいよ」

娘「体育の授業もマットとか鉄棒も左足着かないようにやってるんだけど大丈夫?」
先生「左足をつかないようにやってるんなら、無理しない程度にやるなら大丈夫。でも疲れたら休むんだよ」

あと1か月半・・・短いようで本人にとっては長いけど
もう少しの辛抱だ!がんばろう!!

ムリもさせてないし、大丈夫だとは思いつつも、
良くなってなかったらどうしよう、悪くなってるってことないよね・・
と言う不安がゼロではないので、診察室に入るときはいつもドキドキだ。

「うん。骨もしっかりできてきたね。ここまで来たら、もう手術は回避できたね。よくがんばったよ」と言う先生の言葉を聞いて、ほっと安心。
先月のレントゲン写真と比べても確かに骨がしっかりしてきている感じだった。
引き続き順調、順調で・・良かったーーーーー!ホッ
・・・てゆーか、やはり手術の可能性残ってたんやーーーー!
ああああ、良かった。ホントに良かった。

ネットとかで見ても、最近はペルテスって手術での治療が主流みたいだし、
娘本人も、「装具を見られて嫌な思いするぐらいなら手術した方が良かった・・」と
泣きながら訴えられたこともあったけど・・・

手術すると入院になって学校を長期でお休みしないといけないし
装具治療で成果が上がらなかったら手術もやむを得ないと腹はくくってたけど
体にメスを入れずに済むなら、それに越したことはないと思うんだよね。

病院帰りの道すがら、足が治ったら新しい服と靴を買う約束をして帰りました
ゴールは見えてきたから頑張ろう!

 ムスメも4年生。いつの間にやら高学年の仲間入りだ。
相変わらず習い事の多い日々。
自分でやりたいと言ったものばかりとはいえ、週5日は習い事なのだ。
今は英語・習字・塾(週2回)でフリーは金曜日のみ。(ヤマハとプールは辞めた)

なのに、なのに部活に入るというのだ。どんだけー!

前から入りたいと言ってたけど、
朝練もあるし、土曜日もあるし(withお弁当)適当にお茶を濁してたのだ。
それに今の顧問の先生も来年には転出する可能性大!
それを聞いて昨日までは「やっぱりやめる・・」と弱気になってたくせに、
今日朝練&午後練に参加したら
「たーのーしーーーー!やっぱり絶対、ぜーーーったい入部するっ!」
「朝も自分で早起きするし、塾の勉強も頑張るから!」

むーん。そこまで言うなら頑張れ!
母は・・・早起きの自信ないけど・・・がんばる・・・
そこまで言うなら応援するしかない

しかし、どれか一つ習い事を落とさないとしんどいよな。
英語は一番楽しいみたいなので、やっぱり習字かな〜〜

東日本大震災という名がついた巨大地震。
その時は丁度ムスメのお迎えで学校の教室にいた時だった。
ゆさゆさゆさ…が、ゆっさゆっさゆっさになって、教室に残っていた数名みんで机の下に隠れて揺れがおさまるのを待った。怖がる子供達に「大丈夫!学校は丈夫に出来てるから安心してー!」と声をかけながら。
去年創立50周年の古い学校やから本当に丈夫かどうかは知りませんけど・・^^;


阪神大震災も経験したけど、揺れ方が全く違った。
あの時は地面が遠くの方からタタタタタタタ!と波打って近づいてくる感じと、ズドドーン!みたいな感覚だったけど、
今回のはとにかく揺れが長かった。

校内放送が入り、揺れが収まってから、まだ学校に残っていた子供たちは集団下校の為校庭に集まった。
私は車で来てるので、同じマンションのお友達に声をかけて一緒に帰宅。
ママたちにも連れて帰る旨メールしたが、規制のため返信がなかった。
(その日は新着問い合わせしないと新メールは着信しなかった)
その中の一人、ムスメのボーイフレンドが「オレの母ちゃん、今日人間ドック行ってる」という。
えっ!てことは都内やないの!
てなわけで、中学生のお兄ちゃん共々とりあえず家でお預かり。

家の中は意外とほとんど被害なし。水槽の水がこぼれていた程度だった。
1階でヨカッタ・・・
4階以上の階は結構大変だったようだ。

そんなこんなで思いがけず合宿状態となり子供たちはゲーム三昧だったけど、
こんな時は不安な気持ちをごまかせて、よかったかも。

翌朝9時ごろようやく戻ってきた母は憔悴しきった様子だった。
途中お友達の家で休憩するまでに6時間も歩いたとか・・ホントにご苦労様・・・!

TVを見るほどに被害の甚大さに唖然とするばかり。
被害者の方々のご冥福を心からお祈りいたします・・・。


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

COUNTER

charm

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM